この記事は約 6 分で読めます

金蛇水神社 金運パワースポット神社 東北最強クラス

まず、神様がいる、という事。これ大事です。
当たり前だけど、結構当たり前じゃないんです。

 

物理的に神様の気が枯れていなくなっている・・など、だけではなくて、今お出かけしていて不在という事も。だって、なんのために神社って鈴があるんだと思います?(笑
わからない人はわからないと思いますが・・・。

 

神様が見てる前でお賽銭入れないとダメですよ(笑

 

 

金運パワースポットの神社

 

邪気がない事、これも当然です。
しかし、これも当たり前だけど、当たり前じゃないんです。

 

意外とパワースポットとか言われて評判になってしまうと、たくさんの人が行くだけ行って邪気だけ落として帰ってくる場所になってます。

 

ですから、パワースポットどころか、元の気が尽きてしまっていたり、元のプラス以上に邪気がおちたマイナスが上回ってケガレチ状態になってしまう事もあったりするんです。

 

それが理由で枯れてしまったご神木などは結構あったりしますよね。

そんな意味で、ちゃんとした神社の結界でイヤシロチたるパワーがあり、かつ、金運に纏わる神様がちゃんといらっしゃる事。

 

これが前提なんです。
そして、その力が強い事。

 

神社って、本来、神様が結構厳しいんですよ。
お願いの仕方間違えると、

 

『はい、君やりなおし、また今度もういちど来なさい』

 

という感じで、なかなか力を授けてもらえないこともしばしばなんです。

わかる人と行かないと、お参りだけでもすんなり行かなかったりするものです。

 

また、逆に、わかる人といくと、絶対に携帯の電源を切れよ!とか、妙に注文が多くなったりもします。

それだけ実は作法や手順って、今は省略されちゃってますが、本当に力を頂こうと思ったら、ちゃんとあるんです。

 

パワースポットレベルだと、そこに住んでいる人外の存在(精霊さん)から、お供え物の指定が夢とかを使って事前に飛んで来たりしますよ。

 

もうですね、金運とか言っている以上、怪しい世界に足半分浸かっているんですから、とりあえずダダ漏らしするスタンスでいきますけどね。

 

金蛇水神社はそういう面でも色々な条件をクリアする稀有なところです。

 

もう、これ、噂の類ではないですからね。

管理人も参って来た訳ですよ。

 

え?昨日ですよ。 突貫で関西から仙台まで。

なぜか、というとですね・・・・。

 

 

種銭をお借りする

 

金運は育てるものです。

 

ですから、自分の金運を育てる時に、最初の自分の金運の核や種というものが必要なんですが、その核となる、金運のついたラッキーアイテムをお財布に入れ、お財布の金運の波動を保つ、引き寄せるというのが簡単な方法の一つです。

 

そこで最も効果が高く、普通の人から見て効果が保証されたものの一つに、

 

金運の霊源あらたかな神社の 種銭

 

というものがあります。

 

ちなみに、種銭は写真は撮ってはダメ!と念を押されますので、当然写真は上げることはできません。実物は実際に行って確かめてください。

写真を撮っては行けない理由は簡単ですが、わかりますか?

 

ちなみに、金運の効果のある神社であれば、裏メニューのように用意してくれているところは多いです。
金蛇水神社も、表立っては書いてありません。

 

ただ、これは神様からお借りするものですから、一年経ったらきちんと感謝の気持ちと共にお返しに行かなくてはなりません。

 

そして、お返しした後、また新しい種銭を次の一年の為にお借りしてくる、というプロセスが必要なんです。

 

ですから、ね。
どこにいようが、一年したら、必ず返しに行け!

 

というのが、常識であり、天と神との約束です。

 

神様の存在は優しいですが、神様や眷属との約束は管理人は破る気にはなれません。
何より自分との約束を裏切りたくはないですし。

 

管理人にとってはそれだけ重要な事なので日帰り突貫で行って来たわけです。
まぁ、郵送でお返しするなどという荒技が認められるかは定かではないですが。

 

金のエレメントは固まり易いですから、種銭があるとお金は当然寄ってきやすくなります。波動が波動ですからね。

 

 

金蛇水神社は凛として気がいい

 

そんなわけで、金蛇水神社なのですが、本当に気がいい。
行くと清々しく、元気になります。

 

場所は山の麓で風水的にみても、元々気が湧くところではあります。

 

鳥居をくぐり、正面から入って藤の棚を横目に、金蛇水弁財天と社務所を通り過ぎ、本殿の方へ。きちんと作法に則り、手や口を清め、鳥居をくぐって御参拝します。

 

 

金蛇水神社

 

社務所の前 ↑

 

そこから振り返って入り口を見るとこんな感じ。

 

金蛇水神社

 

進んで社の方へ。

 

金蛇水神社

 

 

そして、本殿で参拝させていただいた後、本殿の敷地内横に蛇の模様の石があります。

 

 

金蛇水神社

 

ここに、お財布を蛇の模様にそってなぞる。

 

石、ひとつづなぞる。
ひたすらなぞる。

 

怪しいけどなぞる。

 

やってみるとわかります。
もし・・もやっとしたものが付いていたら、お財布は軽くなりますから。

 

そしてですね、絶対これどこにも書いてないと思いますが、実は、本殿の御祭神よりも表面的に現世に対して凄い力を持っているスポットが神社内に存在します。

 

それは、この弁財天様の横のご神木。

 

管理人は何かいる!程度ですが、わかる方と一緒に行った時に、眷属の方が守護している、だそうです。(力はこの敷地内でもっとも強い)

 

 

金蛇水神社
恐れ多すぎて、絶対撮れません。
あえて映らないように撮ってます。

 

ちゃんとお賽銭入れる事ができますので、こちらにもご挨拶される事をお勧め致します。

 

新入社員の時に、憧れの社長に鉢合わせして、言いたい事が言えない、頭が真っ白になる、そんな感覚が味わえると思います。管理人の気が弱かったのもありますが。

 

ただ、無意識で畏怖の念は出てくると思いますよ。

 

気軽にご神木に触れたアホが、帰り道にカバンに入れてたはずの財布がなくなり、もう一度謝罪しに戻ったら、警察から電話がかかって来て財布が見つかったとか、本当に色々な話がありますので・・・。

 

 

神様がいるとわかる理由、効果があるとわかる理由

 

怪しい話になります。

 

  • その人自身が元々神様付き(前世でいい事をよっぽどしたんですね!徳が高い!)で敏感
  • 天にめちゃめちゃ愛されている無敵キャラ状態
  • 第7チャクラが結構な深度で開いている

 

のどれかでないと、感じる事は物理的に無理です。
そもそも頭の上でふわふわ感じれないのは論外。

 

『私は見える』系の人はまったく的外れと個人的には感じます。

 

はい、質問されるとめんどくさいのと、管理人自身もまだ召喚したりであるとか力はそこまでないので、これ系の話はこれだけに留めます。

 

 

金蛇水神社 歩きは人によっては結構しんどいかも

 

管理人は歩く事に結構耐性があります。
スーツだろうが、ジャケットだろうが、革靴だろうが、歩く事は嫌いじゃないです。

 

晴れ男なので、雨がこういうお出かけの時に降る事って事は絶対というくらいほぼないのですが、雨に濡れながら傘をささないで歩くのも、趣があって好きです。

 

でもですね、今回、結構な距離を突貫で歩く事になりました。

 

普通の方は、神社まで本数が少ないもののバス、またはタクシーをお勧めしますね。

岩沼市民バス、とかのキーワードで検索して見てください。

 

最寄りの駅は岩沼ですが、ここから3.1kmの位置に金蛇水神社はあります。
田舎道で普通の舗装道路かつ狭い歩道の道を延々と歩いて行くようですから、ご年配の方で足に自信がない方はやはり、タクシーが無難でしょう。

googlemap表示では40分と表示されていますが、そこまで外れるほどの時間ではありません。管理人の足では30分かからないくらいでした。

 

また、岩沼から仙台までも30分かからない程度の電車の時間ですし、1時間に平日2本から4本程度の電車はあります。そこまで不便ではありませんのでご安心ください。

 

岩沼駅

 

旅行者にとって一番良いのは、当日だけふらっときても、仙台空港でレンタカーを借りてしまう事だと思います。

 

1日あたり、お値段5000円前後ですし、電車の交通費、待ち時間、タクシー・バス代などを含めたらトータルコストではレンタカーの方が安くつく場合も多いと思いますからね。

 

管理人は車の運転が大嫌いなので、空港から試しに歩いてみたら地図上の縮尺をよく見ておらず、頓死しました(笑

 

強行日程、タイムトライアルだったのに20km近く歩いたんじゃないかしら・・・
仙台戻って牛タン食べて、また仙台空港へ。

 

これは管理人が好きな一隆の牛たん焼き定食です。

 

一隆

 

一仙も好きなんですけどね。

 

さておき、いい季節でした。

紅葉もゆっくりみたかったなぁ。