この記事は約 5 分で読めます

金運 パワースポットはなぜ人によって感想が違うのか?

金運のパワースポットはなぜ、人によって違う場所を言うのか?

同じ場所に行って、人によって違う感想を言うのか?

 

その理由がわかりますか?

 

このあたりがわからないとなると、多分、何を身につけたとしても、それが本当に良いものか・・などなどわからない人でしょう。

 

管理人も、実はこんなこと言っているものの、まだ、完璧にそこまで感じてわかるわけではないんですけどね。

 

 

パワースポットと神様からもらえるパワーの違いとは?

 

まず、神社のような神様のいる場所と場所自体で気が発生しているところ。

あなたも、そういう場所を見つけたり、調べたりして、金運の力を色々な所を訪れたり、お参りしたりして頂こうとしますよね。

 

しかし、それがまず、場所か神仏かどうかで頂けるパワーは異なります。

 

そもそも発生しているパワーの性質が違う、と言ったほうが良いかもしれません。

 

基本的に、悪いパワー・・というのはあるにはありますが、それは言葉を言い換えると、悪い波動の事を指しているでしょう。

 

でも、それは、実は、悪い波動というか、悪い念やそれに染まっているだけであって、良い波動がない状態の事です。

 

もちろん、悪い念自体や悪意も送れますけどね・・。

 

そんな事をしても呪いですし、意識しなくても仮にあなたが『病気の何々さんを可哀想だから助けたい』と憐れみをかけても、それは呪いになったりします。

 

このロジックは重要なのですが、さておき、意外と簡単に発生したり消えたり弾いたりするものです。

 

 

パワースポットからもらえるパワーとは

 

場所自体に、良い気が湧いているような良いパワースポット、金運のご霊験灼かなスポット、金運に関わるスポットというのは、場所そのもの自体から良い波動が発生しています。

 

それは、山の袂のような風水でいう元々気の湧く場所が多いですよね。

 

そして、その場合、パワー自体は、実はいつそこに行っても、一定のパワー、同じ性質のパワーが出ています。

もちろん、なんらかの要因で枯れてしまえば別ですよ?

 

でも、いつ行ったとしてもらえる力は一緒。変わることはありません。

だから、エネルギーチャージのような感覚で行くのが本当はいいでしょう。

 

そして、パワースポットは確かに特殊な場所はあります。

しかし、そういったものだけではなく、じつは身近にあります。

 

それは大自然に囲まれる事です。

 

大自然の真ん中・・というと、すごく行きにくいイメージしかないですが、実際はそんなことありません。

 

国有林のあるような山の多い散策路。

車の音や都会の生活音が遮断されるレベルの林の中であれば、人間は自然からパワーがチャージできます。

 

東京都内の中だと少し外れるようですが、高尾とかもそうですよね。

奥多摩までいかなくても大丈夫なくらいです。

 

東京でこのレベルですから、全国どこでも実は簡単にまず自然からパワーチャージできる場所があるということです。

 

でも、なぜそれが金運と関係あるか。

 

簡単です。

 

健康でない人間には、金運のパワーは無駄だから、です。

 

ただしくは、金運のパワーが健康になるために変換されてしまい、金運のところにまで、なかなか力が巡ってこない、力を及ぼさないからです。

 

だって、金運はあなたが生きているから必要なものであって、まずは生きる方のパワーがベースなんですよ。

 

なので、まず健康になりましょう。

そのために全力を注ぐべきです。

 

もちろん金運のグッズも効果がないわけではありません。

でも、それは、金運のパワーを活かしてあげる為にも、あなたの健康の上に成り立つものです。

 

 

神社や神様からもらえるパワーとは

 

金運パワースポット

神様から頂けるパワー。

 

いわゆる恵比寿様や大黒様が有名ですが、金運にご利益があるといわれる神様に詣でる。

また、金運にいい!と言われる神社に行く。

 

それもまた、もちろん、金運のパワーを頂けます。

 

ただ、これは金運神社に行って

 

『ここがいい』

『ここはいいと言われてたけど、大したことないや』

 

などと、感想を書く人がいます。

 

実際に神様がいないところなら別ですが、また、その時に神様がお留守なら、まぁそういうこともあるかもしれません。

 

でも、よく考えてください。

 

これまでにその神社ができて、御祭神の神様がおわして、または勧請して、何千・何万という人間がその恩恵に預かってきたという経緯があります。

 

だから、金運神社として有名なんですよね?

 

ご利益のある霊験灼かな神社なんですよね?

 

それが、上のような事情であれば別ですが、

 

『なんもないわ、ここwww』

『大したことないや』

 

とは、良く言えたもんだな、と思います。

 

そもそも神気を感じられる人間かが問題なのですが、まずどうやってそれを感じるのかすら知らない人も多いでしょう。

 

もう、こうなったらこの時点で論外です。

 

そう言っている人に聞いてみてくださいよ。

何を根拠にそう感じているのか。

 

大したこと無いと言っているような時、こういう時は、もう2つだけのパターンしかありません。

 

  1.  お前が悪い人間か
  2.  あなたには今は必要ないか

 

のどちらかのパターンしかありません。

 

つまり、力を授けるに値しない人間なのか、すでに整っているから力は今は必要ないはずだよ?と言ってくれているのか、になります。

 

そうです、神気や神様が与えてくれるパワーはその人、その時によって違うんです。

 

適した表現がないので若干ニュアンスになりますが、神様も生きていて、私たちの詣でた理由をわかっています。

 

そしてその上で、その時必用な力パワーを与えてくださる、と。実は、そういう事なんですね。

 

だからお友達同士で同じ場所に行って、一緒にお参りしたとしても、感想は違うはずなのは実は当たり前、なんです。

 

また、そういった理由ですので、食べすぎでお腹壊すのと同様、優しく見守ってくださるだけの時もあります。

 

 

金運 パワースポットはなぜ人によって感想が違うのか? まとめ

 

パワースポットに行った時と神様とお参りした際には、まずは、こう言った事情がある事を理解しましょう。

 

その上で、一度あそこには行ったからもういいや、にはならないという事はお分かりでしょう。

 

例えば、結構、経営者にはありがちですが、重要なプロジェクトを終わった後、一人で山や海に行って引きこもる。ふらっと旅に出る。

 

これ、無意識のうちにエネルギーをチャージしています。

休暇、というのは本来そういった意味があります。

 

事実、国有林の遊歩道からちょっと入った山の中で、簡易椅子持って行って、疲れると1日中何もせずに座って休んでいる、成功している経営者を知っています。

 

他の成功している経営者で似たような事をしている人も何人もいます。

 

まぁ、その人たちは気が見える人もチラホラなので、自身の気をチャージすると明確に言っているんですが・・・。

 

また、神様に参拝した時に、その時とそのタイミングによっては、頂けるパワーは異なりますので、金運のエネルギーだけとは限りません。

 

それもあってか、『なんとなくあそこに行きたい』となって、何度もご参拝する。

 

本来神社に参拝するのは、願いを叶えてもらうためではなく、感謝を述べるため、ですから、そのあたり間違えられると困るわけですがね。

 

そのため、お参りする際も、何て言えば一番効果があるのか、というトリックが実はあります。

 

いずれにせよ、そういったものです。

 

あなたは、金運パワーの正しいもらい方を知っていますか?