この記事は約 7 分で読めます

金運アップのために お金は固まるから払うもの

金運の玉の汚れを取ること、そもそも金運の玉の力を増やすこと、大きくする事、これは全て別の事です。この考え方は既にお話ししてきたと思います。

 

もともと金運、金は五行でエレメントとして考えると金ですから、固まる、集まるといった性質と意味を持ちます。

 

金運アップ

つまり、お金がお金を引き寄せる、呼び寄せて固まるというのが基本です。

 

だから、お金にとって居心地の良い場所を提供しましょうね、という事でお財布を常にメンテナンスして、お金がいつも安心してくつろげる場所にしておく必要があるんですよ。

 

これもご存じの方は多いのではないでしょうか?

 

 

お金は固まる性質がある

 

資本主義において、資本のたくさんある資本家にお金がより集まる・・というのは自然の摂理による自然な流れだという事です。

 

お金のあるところにお金は集まりたいものですから。

 

逆に、一枚のお札や一つのコインがあなたの財布を嫌いな時、その場に留まりたくないどころか、それをきっかけにお友達もゾロゾロと出て行ってしまう、という当たり前の事でもあるんです。

 

本当にそれだけ。
そして、お財布の事についてはどんなものが良いのか、考え方は既にお話ししました。

 

でも、実はお金持ちや金運の付いている人には共通点があります。
それは、金運の玉の汚れにくさを元々持っているという事です。

 

それは、その人の習慣であったり、生活態度そのものであったり、もっと突き詰めて言えば、マインドにあたるものです。

 

本当は、このあたりは普通の金運アップの本などと被るからあまり言いたくはないのです。それに聞き飽きているのではないでしょうか?

 

そういう事は当たり前に踏まえていて、なぜ、同じ事をやっていても効く人と効かない人が出てくるのか?と進んだ話を突っ込んでいかないといけないのですが。

 

でも、やっぱりその点をわかっていない人も多いのが現状なのと、お伝えしている事が既存の言われている事と、どうつながるのか、それに加えてそれはなぜか?というのは触れておく必要があるという事ですね。

 

確かにある一つの宝石や刀など骨董品を手に入れることで、運命が変わる事はありえます。

 

しかしながら、それを手に入れて後はどうでもいい。

 

・・・と言うものも確かになくはないです、よくよく考えると・・

 

相当そのものに力があるといっても、川の流れを右から左に変えるくらいの力ってことですから、あまり現実的ではないですけどね・・

 

大抵そういう力のあるものを手にいれる人は、力が元々ある人ですから。

 

どちらかというと、それなら、これをやって忘れておけば、それだけで効果のあるというものの方が現実的かも。

でも、こちらは、西洋のmagicや東洋の秘伝に近いやり方になりますが。

 

さてさて、しかし、それってどうですか?
普通に考えてください。

 

金運というのは純粋に一つの力のベクトルです。
あなたは、お金が手に入ればそれだけでいい!というわけではないと思うのです。

 

例えば、事業を成功させた結果、お金がたくさん入ってきた。

会社員としてすごく良い仕事に転職した結果、給料もアップしてボーナスも入ってきた。

 

そういった事も金運がアップした事でもあり、金運以外の運のアップ、現実的なサクセスも重要だと思いませんか?

 

金運アップといっても、

 

 

金運アップ 宝くじ

宝くじ前後賞3億円どーん!

 

とか

 

ロト6 キャリーオーバーどーん!

 

 

終了!!

 

それだけ!!

 

 

というのがいい訳ではないですよね。

 

それだけでいい人は、また特殊な能力が必要です。

一切現実と切り離せる能力という、一見簡単で、最も難しい事の一つができる必要があります。

 

どちらかというと、瞑想や座禅が簡単にできる事に近い能力です。

 

そもそも普通の人は管理人も含め、最初は2、3分も目をつぶってじっとするだけ、という事すら出来ないはずですから。

 

加えて、当たる人というのはこのサイトの他の記事で言っていたと思いますが、当たる金運があって当たっています。

 

金運のない人は元々当たる要素というか、わかりやすく言えば当たる資格すらない・・というのが現実の話です。確かめる方法はありますが・・また今度。

 

そして、当たったとしても金運の玉の汚れやすい人、そして、その玉の大きさがその金額よりも小さいとどうなるか。

 

ご存知の通り、宝くじの高額当選者のその後という追跡調査の結果を知っていればその通りです。もっと不幸になるんですよね。

 

つまり金のエレメントを維持できない、破綻してしまうわけです。

元々固まる性質があって、大きい資金があったのにですよ?

 

 

本当の金運アップとは

お金をいくら持っていても、管理人は金運があるともお金持ちとも言いません。

 

例えば、お父さんが事業に成功していて、急逝してしまった。
その結果遺産相続で、急に使い切れないレベルの遺産が転がってきた。

 

・・・というのは、確かにその本人に金運の玉はあるのです。

 

まず、縁あってその家に生まれてきたという事も一つですし、実際に自分名義でお金も持っています。

 

これは、親が死んで悲しい。それで遺産が転がってきても嬉しいか?という話ももちろんあります。これは本当に運がいいのか?という話もあります。

 

それはおいておいて、本人が金運の玉を持っていても、その大きさと、その汚れやすさは本人の性質に依存します。

 

金運アップ 遺産

お父さんは確かに成功しました。
つまり、素晴らしい金運の玉の持ち主です。大きさも申し分ない。

 

でも引き継いだ、本人の金運の玉の性質はわからないんですよ。

 

金運の玉を持っていたとしても、その遺産を引き継いでいける大きさなのか、輝きなのか。

 

大抵、資産家が一台で築き上げた財産を2代目、3代目で食いつぶす・・というパターンが多いのはご存じでしょう。

 

その場合の原因はこれです^^;

 

 本人は苦しいかもしれないですよ。
器以上のものが入ってきてしまって。

 

そして、いい時を知っているだけに、落ちていく自分に耐えられないという人もいるのではないでしょうか。

 

つまり、金運アップというのは、単純にお金が入ってくればいい、というわけではなく、それだけ持っていればいい、というものでもない、という事です。

 

あなたが今持っているお金や資産を全部無くしてしまった。
0になったところから、また同じだけ、それ以上の豊かさに持っていける人間である事とその方法。

 

それが本当の金運の玉を持っている人間であり、金運アップの施策であり、金運アップの方法なのです。

 

そして、そのための心のあり方や態度であり、マインドセットなどと言われるのは、この部分が自然に金運アップの在り方に沿っているか?という事を言っているのです。

 

だから、毎日意識して行う事、これだけで金運の玉の汚れがつきにくくなる。
そんな方法があるのです。

 

 

お札はお札、お札で欲を払う

英語の単語覚えている時に、よく意味の違う言葉で同じ単語使って文つくったりしたと思います。

 

管理人も一時期受験の時に燃えました。

 

mean mean mean mean mean.

 

みたいに。(もちろんちゃんと意味通りますよね)

 

声に出して読んでみてください。

 

 

 

 

 

蝉か!

 

 

 

 

 

 

はい、お札はお札、お札で欲を払うのです。
おさつはおふだ、おさつで欲を払うという事です。

 

悪霊を払うのと、お代を払うのって、漢字が同じな理由は、意味も実は同じだからなんですよ。

魔法の紙に載せて欲を払うという事です。

 

だから、気持ちが良くなる。
なぜなら、あなたの欲が綺麗になるわけだからです。

 

欲しいものが買えて私のものになった!
嬉しいな!

 

その感謝の想いを込めて気持ち良くサッと払う。

これが、金運アップのための毎日のmagicなんですよ。

 

払う時に、お札に手を載せて、

 

「行ってらっしゃい!次来る時は、お友達連れて帰ってきてね!」

 

と感謝をする。
これが金運アップのお金の使い方です。

これも知ってる人多いと思うんです。

 

ね。

 

でも、わかりますか?
カードだとこれができないのが。

 

だから、この点一つ見ても、格差がさらに広がってしまう仕組みがあるんですよ。

 

儲かっている中小の経営者はカード嫌いな人も多かったですよね、昔は特に。

 

支出が先送りになって見えなくなるから、というのも理由は大きかったと思います。
二重帳簿だったり、今でいう、キャッシュフロー経営、キャッシュフローを掴む仕組みが、なかなかなかったというのもあるでしょう。

 

でも、実は、”いつもニコニコ現金払い” というのは、それだけで金運をアップするこういう仕組みが隠されていたんです。

 

金運アップ マインド

ですから、レジまで行って、

 

「お会計は***円でーす」

 

と言われた後に、しぶしぶ財布を開けてお金を取り出し、

 

「あぁ、またお金が減っていく・・」

 

嘆くなんてことは最も金運が汚れやすくなります。
ダメ!絶対!

 

喜んでください。

 

欲しいものが買えて、必要なものが買えてあなたがハッピー!
お店の人も物やサービスが売れてハッピー!
物を作った人もおかねが回ってきてハッピー!

 

ペイフォワードじゃないですが、豊かさと幸せはこうして増えて回っていくのです。

 

まず、これを受け入れる心を作る事が金運アップのコツですね。

 

金運アップ お金の使い方

そう、だから、お金を使うことというのは功徳でもあり、善なんです。

 

貯めるのは悪なんですよ。

 

特に金のエレメントは固まりやすいので、使うこと。
6億当たっても次の日死んでしまう人生に意味はありますか?

 

あちらの世界まで金運アップした結果でもお金は持っていけないんです。

 

 

金運の玉がある人の心の在り方

 

あなたの叶えたい夢、豊かさを求めるモノに、お金の流れを作る事、払う事。
それによって周りまで豊かにする事。

 

これが最大の金運アップのコツなんです。
気持ち良く払う、そしてその事で世界を豊かにする気持ちを持つ。

 

金運アップで困らない

本当に金運の玉のある人はどんなにお金がなくても、気持ち良く使うところに使います。

 

そして、「足らなくなると私のところには必ずなぜかお金が入ってくる」とナチュラルに確信していて、事実その通りになります。

 

これ、本当ですよ。

周りにそういう人が身近にいないか、見てみて下さい。

 

あなたはお金が入った後びくびくしながら、無くなる事を恐れるような生活で幸せを感じる事ができますか?

 

プロスベクト理論で表されるとおり、人間は損よりも、ない事よりも、一度入ったお金や利益が無くなる事の方がダメージが大きいのです。

 

それなら、最初から0から富を生み出せるそのマインドを、金運アップの方法や在り方として持っていた方が理に適っていると思いませんか?